ビールの醸造と法による規制

Baybrewing.jpはこちらでは利用できません。yokohamabaybrewing.jpへの移動をお願いいたします。

ビールは芸術です

ビール好きにとって自身でビールを作ることは、究極の夢の1つかもしれません。自身の味覚にあった最高のビールを自身の手で作り出す。しかし、日本においては酒税法による多くの規制がビール醸造に対しなされています。

ビールの醸造は、酒税法と呼ばれる法律によって規制されていて、その内容は個人と法人によって変わってきます。

個人の場合

個人によるビールの醸造は、アルコール度数1%を超えるものについては、一切禁じられています。そのため、もしあなたが手作りビールを作りたいと思うのでしたら、アルコール度数1%以下のビールを作る必要があるのです。実際、市販されている個人向けビール製造キットは、その全てでアルコール度数が1%以下になるような製造方法が説明書に記載されています。

法人の場合

法人によるビールの醸造は、年間最低製造数量が60キロリットル以上の製造量が必要とされています。以前は2000キロリットル以上となっていて、実質大手企業以外は製造することが不可能でしたが、1994年の酒税法改正でその量が緩和され、多くのクラフトビールが全国で生み出されるようになったのです。


© 2021 Baybrewing.jp. All Rights Reserved.